既に財布としての役割を終え通帳入れになっている

ネットでカードがたくさん入りそうな財布を見つけ、気軽な気持ちで購入しました。値段は1,000円だったのでお得感がありまりました。
ところが届いた財布を確認してみると、小銭を入れる部分が小さく、ファスナーが固く、とても開けにくかったです。期待が大きかっただけに、落胆も大きかったです。

 

家族にいらないかと聞いても、誰も引きとってくれません。自分のいらないものは、人もいらないのです。諦めて財布をタンスにしまおうとした時、机の上に置いてある通帳に目がいきました。反射的に手を伸ばし通帳を掴み、財布の中にいれてみます。

 

「すごい!ぴったり!」と思わず声に出るほどのジャストフィットです。私は嬉しくなってすぐに銀行や郵便局の通帳を財布の中に収納しました。見事に財布が通帳入れに生まれ変わったのです。

 

開けにくかった小銭を入れる部分には、住民税や国民年金の領収書をいれることにしました。お陰で整理整頓ができ、タンスの中が以前よりスッキリしました。

 

財布は長財布派です。

私はここ数年ずっと長財布を使っています。長財布がいいと思うところはお札が折れないというところです。一時期二つ折りの財布を使っていたことがありますが、お札を出した時にクニャンと曲がったような感じを見るのがすごく嫌でそれ以来ずっと長財布です。曲がったお札をお会計の時に出すのもなんだかみっともない気がします。風水的にもお札は曲げずにノビノビと長財布に入れたほうがいいなどとよく聞きますよね。

 

お札が折れないという点以外にも、収納するスペースがたっぷりあるという点でも長財布が好きです。結構ポイントカード類や大事な紙類などお財布に入れることが多いので、長財布だと十分に収納が出来て助かります。私は通帳も持ち歩くことが多いので、通帳も長財布に入るので荷物が財布1つにまとまって便利です。

 

二つ折りの財布を使っていた時は通帳は別のケースに入れて持ち、入りきらないカード類はカードケースに入れて持ち歩いていました。これからも多分一生長財布のお世話になると思います。大事に使っていきたいです。